その共感は共感ではなかった

はじめましての方はこちらからどうぞ

プロフィール

プロフィール

続きを見る

 

あなたは『共感』という言葉を聞いて、どんなイメージを持ちますか?

 

同じ経験をしたことがあるから、共感できる。

 

「分かるー!!」
「私もそうだったー!」

 

というのが『共感』と捉えている人
多いのではないでしょうか?

 

実は私もそうでした。

 

私の場合、キャリアコンサルタントの学びの中で、本当の共感の意味を知りました。

 

そして本当に共感されて

本当の共感ってこういうことなのかーーー!

と涙が出てくるほど、心が動いた経験をしたました。

 

そして、本当に「聴かれた経験」を多くの人に届けたい!!とも思ったのです。

今日はその経験をお話ししたいと思います。

 

どんな風に聴いてもらったのか

 

ワーク

感情が動いた経験を聴き手2人に話す。

話し手の感情・気持ち・価値観について、聴き手の2人が話し合うのを、話し手はただただ聴いている。

というワークでした。

 

私が話した感情が動いた経験は

2人目の育休明けで、遅刻が続いてしまい、男性の上司にそのことを指摘されて、子育てママの大変さを分かってもらえない悔しさや悲しみ

についてでした。

 

聴き手のふたりは

子育て世代の男性。定年間近の男性。

 

何でこの話をしたのかも、分かりません。分かってもらえないと思うけれど、心の底で、分かってくれるかも?という期待があったのかもしれません。あーー分かってもらえないだろうなぁ。という前提で話していました。

 

聴き手のふたりは、ただ頷いて聴いてくれました。

 

『しょうのじさんは、上司に分かってもらえなくて、悔しかったんだと思います』

『しょうのじさんは、こんなにがんばっているのに、認めてもらえていない、と感じているように見えました』


と仰っていただいただけなのに、涙がぽろぽろ溢れてきました。

 

「その気持ち分かります!」とか「私もそんな経験あります!!」そんなことは、一言も言っていません。彼らの価値観では、私の態度は社会人としてあり得ないものだったかもしれません。ただ私の気持ちについて、ああじゃないかこうじゃないかと、男性二人が語り合っていただけなんですが…

 

分かってもらえたーーー!

 

と感じたのです。

 

 

人は誰でも、自分のことを分かって欲しい、自分のことを認めて欲しい、と思っていますが、それを満たすのに、同調してもらう必要はなく、ただそういう風に感じていることを、認めてもらえればいいんだ、と。

 

これを言葉で理解するのではなく、心と体で感じたという経験が大きかったのです。

 

人は相手に理解してもらえたと、心から感じたときに、前に進めると言われています。

 

これを体感したというのは大きくて、相手の気持ちが理解出来なくても、ただただ、相手の感じていることを、認めてあげる。相手がどんな風に世界を見ているのか、一緒に見ようとする。

 

同じ意見じゃなくてもいい、あなたはそう思うんだね、あなたはそう感じるんだね。

 

そう伝えるだけで、相手に伝わるものです。

 

あなたも、ぜひ、『本当の共感』を、普段のコミュニケーションに取り入れてみて下さいね。

 

 

 

 

公式LINEご登録でプレゼントキャンペーン中

今すぐ使える!習慣化プランシート

 公式LINEに登録して無料プレゼントをもらう

 

 

 

\このページをSNSで紹介する/

  • この記事を書いた人

しょうのじあさみ

パティシエ、貿易事務職を経て、ライフコーチングに出会い、できることではなく、本当にやりたいことをやりたいと、9年勤めた会社を退職し、対人支援職へ転身。 現在は、個人での活動に加え、女性の為のクリエイティブスクール『Shelikes』ライフコーチ、女性の為のキャリアカレッジ『ワタシル大学』メンター、在宅ワーク希望者向け研修にて、職務経歴書や面接の指導、大学での学修支援、など、人が自分と向き合い、自分らしく生きていくことを、サポートしている。 毎日の楽しみは、コーヒーでほっと一息つくこと。 趣味は、美味しいものを食べること。貧乏旅行。バックパッカーとして36か国訪問。在仏経験5年。横浜在住、2児の母。